正しく見るために

 

視力測定時に使用する遮眼子(しゃがんし)。右の黒いタイプが一般的ですが、当店では左の半透明のタイプも使い分けています。
カバーテストといった、きちんと両眼視ができているかを評価する予備検査に特に有効です。

 

両眼の眼球運動がうまく働いてないと疲労の原因になることもあります。
無料にてチェックできますのでお気軽にご相談ください。

 

正しく見えるということは、外部からの光が角膜と水晶体を通り、きちんと網膜上に結ぶこと。
メガネを通じて網膜上に結ぶ光を作り、正しく見えることが生活のヒカリになるような場所にしたい。
屋号とロゴにはそんな思いが込められています。