正しく見るために

屈折検査で心がけていること

2020.01.20

 

 

眼鏡店で屈折検査を受けていて「質問されている意味がわからない」といった経験はありませんか。

 

「どう答えたらいいの?」「どう見えたら正常なの?」と思いながら、曖昧に答えてしまう場合もあるかもしれません。

 

当店では正確な測定をするために、様々な手作りのツールを使って、お客様がわかりやすく答えやすい屈折検査・両眼視機能検査を心がけております。

 

 

 

 

こちらは優位眼(効き目)の検査で使用しているツール。

 

カラー用紙に四角く穴を空けただけのものですが、お客様に両手を伸ばして持ってもらって、両眼を開けたまま少し離れた検査員の顔を四角い穴に入るように見てもらうと優位眼がわかるというもの。(この場合は右眼が優位眼)

 

 

当店のわかりやすく答えやすい屈折検査・両眼視機能検査をご体感ください。

 

 

 

ウェブサイト上で来店予約ができるページを追加いたしました。

相談や検査のみの予約もできるようになっております。

こちらもぜひご利用ください。

 

予約フォーム「Time Reservation」はこちら