正しく見るために

その肩こり、眼が原因かも

2021.11.02

肩こり 肩コリ 原因  メガネ 眼鏡 自由が丘 メガネヤヒカリノアトリエ 世田谷区 

 

 

 

コロナ禍で在宅勤務や在宅生活の増加などから、身体の不調を抱える方が増加しているといいます。不調の上位は「目の疲れ」「疲れ・だるさ」「肩こり」だそうです。

 

 

肩こりの4大原因と言われているのが「同じ姿勢」「眼精疲労」「運動不足」「ストレス」と言われています。

 

 

「眼精疲労」については目的距離に眼の屈折状態が合ってないことがもちろんですが、「無理な姿勢を保たなれけば見えない」というのも肩こりの原因になり、「ココロとカラダのストレス」となっているかもしれません。

 

 

先日も毎週のように整体院に通ってるお客さまが来店され、屈折検査、両眼視機能検査をさせていただいたところ、かなり目的距離を見るのに負荷がかかっている状態だったので、負荷のかからないメガネを新調いただきました。お渡しして1ヶ月後にご来店いただき「肩こりも頭痛も改善されたわ!」と嬉しいお言葉。

 

 

デジタルデバイスの普及により近距離を見る時間が劇的に増え、元来、近距離を見ることが苦手な構造の人間の眼には知らず知らずに負荷がかかっています。

 

 

負荷のかからない状態で見えること、メガネの度数が目的距離に合っていること、さらには眼位という両眼の見ている方向が正しいかどうか、輻輳力という両眼を寄せる力や、開散力という両眼を開く力がどれだけ持ってるかなど…正しく処方されたメガネを掛けることは肩こりや頭痛を改善する第一歩です。

 

 

肩こり、頭痛に悩まれてる方も、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

関連コラム